top of page

上野智子に注目「ネガティブのなかにもポジティブはある」MC/ラジオDJ/起業家として活躍する彼女の今に迫る。 

2024年6月29日に麻布台ヒルズ ヒルズハウス森JPタワー34階にて、 『ELLE ACTIVE! FESTIVAL2024』 を開催し、トークショー後に上野智子さんに個別インタビューを行いました。

 

リポート3本目のインタビュアーは、漆間虹美(東京藝術大学)、齋藤朱里(津田塾大学)が担当しました。


【上野智子・プロフィール】

ラジオDJ、MC、起業家。1991年生まれ。

幼少の頃はパリで生活し、中学・高校の6年間は放送部に所属。 20代後半からラジオDJと企画&PR業、スポーツコミュニティ・FITVIBESの運営を行う。2022年にSoyons合同会社を設立し、エージェント事業とシスターフッドを紡ぐ自社プロジェクト・MMB STUDIOの運営を実施。現在FM FUJIの火曜日レギュラーを担当中。2023年に第1子を出産。 ファッションとスポーツを軸に、健康的なライフスタイルや社会・環境課題を発信。女性のエンパワーメントを目指している。

 

【トークショー編】

Q)トークショーを終えての感想を教えてください。

上野智子:大草直子さんは私が学生の頃から憧れの編集者の方だったので、ご一緒できることが凄く嬉しかったです。普段から私も運動をしているし、スポーツコミュニティもやっているので、運動やボディメイクをして前向きになるっていうことを伝えられたのがとても良かったなって感じます

 

Q)トークショーのなかで特に記憶に残ったお話はありますか?

上野:大草さんがおっしゃっていた「運を動かす」もそうだし「習慣化する」っていうのは、自分のケアやいろんなことに繋がると思っています。当たり前にすることで自分も苦じゃなくなるし、それが糧になっていくから、私ももっと習慣化できるものを増やしたいなって思いました。

 

Q)トークショーではポジティブマインドの秘訣についてお話ししていただきました。上野さんは、幼少の頃からポジティブな性格だったのでしょうか?

上野:ポジティブな方ではあったかもしれないけど、どちらかというとシャイだったんですよね。だけどいつからかおしゃべりになっていまして(笑)

だから、もし「私ネガティブだな」って思っていても決めつけない方がいいかも。いつの間にか前向きになってることもあるかもしれないし。それにネガティブの中にポジティブさって絶対にあるから、そこを見つけて無理をしないで前向きに生きるのがいいのかなって思っています。だから私は比較的ポジティブだけどポジティブじゃない時の自分も大事にしています。

 

Q)現在エル・スタイルインサイダーとして活躍し、ELLEとの関わりが深い上野さん。上野さんにとって、ELLEとはどのような存在ですか?

上野:中高生時代から、ELLEを読んでいたんです。ファッションが好きで、ファッションにまつわる文化も好きで。女性のエンパワーメントについてもELLEで学んだことが凄く多かったです。やっぱり私にとってELLEは原点というか、人生の“バイブル”。10代の頃からお世話になって、こうして一緒にお仕事もさせてもらっていて、これからもずっと一緒に進んでいきたい雑誌・メディアだなって風に思っています。読んでみてねELLE(笑)


Q)ELLEのなかで上野さんのお気に入りの表紙はありますか?

上野:私前向きになれる色だからっていうのもあってピンクが好きなんだけど、レア・セドゥの表紙があって。なんかその内容も好きで。これこれ(写真を見せながら)、『withコロナのおしゃれ革命』(2020年10月号)ってめちゃくちゃ天才じゃない?これはもうリビングにずっとあります(笑)やっぱりELLEはバイブルです。

 Q)人々をエンパワーメントするために上野さんが心がけていることを教えてください。

上野:エンパワーメントって凄く難しくて、したいと思っていてもできているかわからないんですが、誰かにポジティブな影響を与えたいなっていう風に心掛けていますね。ラジオで話すことや今日みたいなMCのお仕事などを通して、良い影響を与えられるようにって思っています。


【ラジオパーソナリティ編】

Q)上野さんは普段ラジオパーソナリティとして活躍しています。独身時から、結婚・子育てを通してどのような活動の変化がありましたか?

上野:そこまでの変化はなかったんだよね。というのもFM FUJIの社員やスタッフさんが凄く理解があって、妊娠・出産をしても戻れるようにしましょうって言ってくれて。私もラジオが好きだったから生んで2か月で戻りますって言って(笑)。だから環境的にも自分の意識的にもそこまで変わってない。もちろん、番組チームや家族、現場のスタッフのサポートありきなのでそのあたりの変化はありますが自分自身の感覚としては話せることが増えたな、くらいです。

 

Q)話す内容が「変わった」というよりは「増えた」っていう感覚なんですね!

上野:やっぱり子育てってしてみないとわからないから。出産もそうだし。主婦のリスナーさんも多い平日の番組だから、そういう意味ではもっと寄り添ったコメントができたり自分が話せることも増えたりっていう変化はあります。

 

Q)ラジオパーソナリティをされる際、昔から変わらず大切にしていることはありますか?

上野:しったかぶりをしない!っていうのと、リスナーファーストを意識しています。

私の番組はリスナーさんのリクエストとメッセージで成り立っていることが多くて。私自身もラジオが凄い好きでラジオパーソナリティの言葉で救われてきた経験が沢山あるから、前向きに引っ張りながらもリスナーに寄り添う。あまりにハッピーすぎても元気ない人が聞いたらなんか嫌だと思うから。その人の状況を理解しようとすることと、あとはフラットな視点をもつこと。たとえば私は出産をしたけど、違う選択をする人もいる。自分だけではなく、別視点をなくさないように気を付けています。

 

Q)最近聴いている曲を教えてください!

上野:LE SSERAFIMのEASYかPerfect Nightをいつも聴いています!完全に今ハマっちゃってて。

今日頑張ろうっていう時はガールズパワー系のLE SSERAFIM、TWICEとかを聴きますね。

 

Q)推しのアーティストと、その魅力を教えてください!

上野:私の友人でもある、eillちゃんが推しです。一緒に女性のエンパワーメントを叶えたいねって言ってるような仲間でもあって、楽曲もそうだし彼女の存在がきっといろんな女の子たちを引っ張っているんだろうなって凄く思います。

とにかく歌が上手い。韓国語も英語もできる。自分で曲が作れる。見た目も可愛い。そしてマインドがギャル(笑)。これからきっと活躍するであろうアーティストです。聴いてみてください。eillちゃんです!

 

【ライフスタイル編】

Q)子育てとお仕事を両立するコツを教えてください!

上野:真面目になりすぎない。手を抜く。あと、誰かに頼ることを恐れないのも大事かもしれないですね。家族でもパートナーでも、言葉にしてちゃんと相談するのがめちゃくちゃ大切だなって思う。

子育てと仕事の両立はできるけど、子育てと仕事と家事の両立は無理なんだな。3つはできない人間は(笑)。

だから 2 つを 8 割のパワーで頑張って、あと家事は3割くらいで頑張る。抜けるところは抜いてやる。あとはその時に何を大切にしたいか、優先順位を考えるようにしています。

 

Q)小さい頃の夢をお聞きしたいです。

上野:お天気お姉さんです。

多分、ほんとは心のなかでアナウンサーに憧れてたんだろうな。私ほんとに理系が苦手でお天気お姉さんは中学に入った瞬間に諦めて、でも喋る仕事はしたいってずっと思ってた。

そのあとは話す仕事がしたいなっていうのと、ファッション好きだなっていうので2軸で動いてた感じかな。

 

Q)結婚、子育てを通してライフスタイルに変化はありましたか?またその変化をどのようにポジティブに捉えていらっしゃいますか?

上野:これがまた変化はあるんですね。私凄くお酒が好きなんですけど、そんなに飲みに行かなくなるじゃないですか。 生活の変化っていうのは結構前向きに捉えています。子どもが6時7時に起きるから私も起きて、夜は10時に寝かしつけると一緒に寝ちゃったりするわけ。生活が凄い規則正しくなる。なんか肌が綺麗になった気がして、シンデレラタイムに寝てるな!みたいな。朝方になったのは良かったな。いいこともありますよ沢山。

 

Q)起業家としての一面もある上野さん。起業の目的や思いをお聞かせください。

上野:私の周りにはフリーランスの方が多くて、私自身もフリーの時期が長かったんですけど、守ってくれるマネージャーの存在って結構大事なんですよ。間に入ってお金のやりとりをしてくれたり自分の価値を上げてくれたりするような人がいるって凄く大事だなっていうのを20代の時に思って。私みたいな喋り手もそうだし、モデルやフィットネストレーナーとして活躍している子たちが安い金額で仕事をするのがもったいないなって凄く感じて。だから私が間に入ってお金とか内容の調整をするっていうのをしたいと思っています。女性の働き方の選択肢を広げるのと、価値を上げるっていうのをやりたくてエージェント事業を今小さいけどやっている感じです。

 

Q)最後に、今後の意気込みをお願いします!!

上野:誰にもなめられないように(笑)、しっかりと頑張っていきたいと思います!

好きな仕事でお金をちゃんと稼ぐっていうのは大事で、今やっとできてきたのだけども、もっと自分の目標を叶えていく姿を後輩たちに見せる。それを頑張りたいです!!

一緒に記念撮影もさせて頂きました。

 

【リポーター紹介】

上野智子さんの明るさと真っ直ぐさがとても眩しかったです。ポジティブを体現したような上野さんの、「ポジティブじゃない時も大事にしている」という言葉はとても心に響きました。落ち込んでしまったときは、自分に嘘をついてまで無理して明るく振舞おうとはせずに、ネガティブの中に隠れたポジティブさを信じてみます。自分のやりたいことを仕事にし、真っ直ぐに生きる上野さんの姿はこれからも多くの女性をエンパワーメントしていくのだと思います。今後のご活躍も楽しみです!!

漆間虹美(東京藝術大学)https://twitter.com/komi__uruma

インタビューの中でラジオDJに関する質問をさせて頂いたのですが、出産後2ヶ月でラジオDJとして戻りますと宣言されていたり、ラジオDJを続けたい等のお話を聞いて、自分の職業が大好きってとても素敵なお話だなと感じました。また、私もそのくらい大好きになれるお仕事を見つけたいと私自身のモチベーションも上がりました!上野さんのとても明るくてポジティブなところが本当に太陽みたいでした!

齋藤朱里(津田塾大学)


撮影:仲西一成


『ELLE ACTIVE! FESTIVAL2024』特集

1本目:トークショー①:https://www.scketto.com/news/elle1

2本目:トークショー②:https://www.scketto.com/news/elle2



Comments


bottom of page